書類のリサイクルサービス

書類のリサイクルでSTOP温暖化!

ジェイ・アイ・エムは、スキャニングすることで不要となった原本文書は、リサイクルを行い地球環境改善に貢献します。

書類のリサイクルでCO2排出量削減!

スキャニング後、不要になった紙文書を焼却すると、CO2やダイオキシンを排出します。
ジェイ・アイ・エムでは、焼却せずに溶解し、紙資源としてリサイクルすることをおすすめしています。
古紙1トンは、立木20本に相当すると言われています。また、古紙を利用すると、1/3~1/5のエネルギーで製紙することができ、省エネにつながります。省エネはCO2発生を抑制し、地球温暖化を抑制します。

スキャニング=オフィスのエコ対策!

書類をスキャニングすることは、オフィスのエコ対策につながります。

<エコ対策:その1>紙の圧倒的な使用量削減

"印刷しない"、"コピーしない"ことが、紙の使用量を削減します。
電子化しデータを共有することで、会議での紙の配付や、情報を共有するための複写がなくなります。

<エコ対策:その2>業務効率化で消費電力の削減

オフィスで排出されるCO2の多くは、照明、空調、機器類などの電力が占められます。
今まで紙文書を検索したり、コピーしたり、あるいは別の事業所にFAXで送ったりといった、わずらわしい業務に対し、電子化することで業務効率化が図れます。業務効率化は、残業時間の削減にもつながります。

<エコ対策:その3>省スペース化もエコ対策

大量の紙文書を保管するには、多くのキャビネットスペースや書庫が必要になります。社内スペースが手狭になると、新たに建物を建てたり、借りたりすることになりますが、ここで、建設用資材や建設エネルギー、空調や照明、エレペータなどの運転エネルギーが新たに必要になります。
電子化すれば、社内にあるキャビネットが、CDやDVD、ハードディスクに、簡単におさまります。

<エコ対策:その4>紙の移動はしない

社内に入りきらない大量文書、外部倉庫に保管していませんか。
本社で保管している紙文書を、各事業所にFAXで送っていませんか。必要な紙文書を外部倉庫へ持っていったり、送ってもらったりするには、輸送エネルギーが発生します。FAXで送る場合も電力を消費します。
バックアップとして、スキャニング後、書類を外部倉庫に保管することはありますが、使用頻度の高い紙文書は、スキャニングし、電子データで情報を共有することをおすすめします。

書類のリサイクルサービスとは

通常ジェイ・アイ・エムでは、電子化後、紙原本をお客様に返却していますが、廃棄をご希望されるお客様に対してご提案しているサービスです。
「書類のリサイクルサービス」では、スキャニング後、紙原本を古紙再生工場へ持ち込み、溶解し、紙の原料として再利用します。

サービスの特徴
  1. スキャニング済みの原本は、資料廃棄期間まで、一旦ジェイ・アイ・エムセンターの保管庫にて厳重に保管します。
  2. 古紙再生工場へは、個人情報保護に配慮し、専門の業者が持ち込みます。
  3. 廃棄時、ジェイ・アイ・エム社員が1名立ち会い、廃棄時の写真を撮影、廃棄証明書を発行します。

ジェイ・アイ・エムは「チャレンジ25キャンペーン」に参加しています。

エコへの取り組み」をご覧ください。

ご質問・ご相談・お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ お気軽にお問い合わせ下さい。