ドキュメント診断サービス

オフィスの書類の保存方法改善で大幅なコスト削減を実現!文書管理に特化したコンサルティングサービスです。

文書管理システム導入?省スペース化?ドキュメントにかかる業務効率化?
書管理を実現するためには、まずオフィス内の文書管理の状況を把握していないことにはスタートできません。
お客さまの文書管理の課題に、現状調査から、問題点の可視化、改善案の提示、実作業までの項目を、ワンストップで実施できるドキュメント診断サービスで解決します。

社内書類の保存方法改善で大幅なコストダウンを実現

お客さまが保有している書類の種類や業務内容、保管状況や体制を調査し、問題点を可視化、レポートを作成いたします。その後、見えてきた問題点に対し、具体的な効率化策を提示し、改善プロジェクトに着手。書類の保管方法の改善、電子化作業、不要書類の廃棄などをおこないます。
事務フロー全体の見直しや効率化も提案し、コストダウンを実現します。

ドキュメント診断サービスとは

調査、コンサルティング、実作業がワンストップで実施できるサービスです。
現状調査と問題点可視化のプロセスだけでも、年間数千万円から数億円の費用削減のポイントを多数発見できます。

ドキュメント診断サービスのポイント

診断はすべて社員が実施

ジェイ・アイ・エムの社員は全員が「文書情報管理士*1」2級以上の資格を保有しています。特に、CompTIA CDIA+ の資格を事前に取得していることが前提条件となる、難易度の高い上級文書情報管理士が、4人在籍しています。

*1文書情報管理士資格制度は、社団法人日本画像情報マネジメント協会が主催する検定試験で、情報における環境変化に対応し、合理的かつ実務に即応した文書情報マネジメントシステム構築のためのスキルを持った人材を育成し、その能力を認定する制度です。

出張スキャニングサービスを実施

外部への持ち出しが禁止されている書類や、利用頻度の高い書類の対応も可能。
お客さまの書類を外部に持ち出すことなく、お客さまの拠点に、専用機材と専門スタッフチームを出張させて電子化します。

お客様に選ばれる7つのポイント」をご覧ください。

ドキュメント診断サービスの流れ

まずはお客さまの現状(業務内容、体制、保管状況など)をヒアリングします。
ヒアリング後、サービスが開始されます。
※改善プロジェクト着手は、この「ドキュメント診断サービス」には含まれません。

サービス料金一覧

項目内容費用
初期調査
  1. 現状調査(現場にて)
  2. 課題点ヒアリング
  3. 改善案(ゴールイメージ)提出 など
50万円~
コンサルティング
  1. 改善案と現状のギャップ可視化
  2. 全体書類から一部を抽出して内容調査着手
  3. 書類分類と対象法律、保存期間、法的証拠能力等の検知から書類棚卸し
  4. 現状業務の実態(AsIs)と目標(ToBe)可視化
  5. 最適化改善案提案
  6. システム導入提案
  7. システムお見積り など
月額100万円~
改善プロジェクトの
実作業
  1. 書類全数の棚卸し
  2. スキャニング
  3. 廃棄(溶解処理)
  4. 電子署名&タイムスタンプ付与
  5. 成果物ご納品
  6. 文書管理・検索システムの導入 など
都度お見積り

改善策提案事例

ドキュメント診断した結果、さまざまな改善策をご提案します。業務効率化、省スペース化が実現でき、コストを削減できます。

ご質問・ご相談・お見積りなどお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ お気軽にお問い合わせ下さい。