お問合せ・
ご相談はこちら
03-5212-6001 平日 9:00〜17:30
お問合せフォーム

タイムスタンプ

TOP>タイムスタンプ
広い範囲の意味では、「電子データにメタデータとして記録されている作成・更新した日時の情報」のことです。 法的証拠能力を強化させるためのタイムスタンプということでは、「電子データに対して、第三者機関が正確な日時情報を付与し、その時点での電子データの存在時刻証明と完全性証明をおこなう仕組みや技術」のことです。 電子データにタイムスタンプを付与することで、「存在時刻」と「完全性」を証明できます。 存在時刻証明:生成時刻に確かに存在したことを証明することができます。 完全性証明:タイムスタンプ付与時の状態を保持していることを証明することができます。

ある値を、ルールに従い別の値に置き換えること。
例えば、「㈱」「(株)」「株式会社」…などの会社称号を統一の表現に置き換える、空白文字や「 (スペース)」「/」「・」「,」…などの区切り記号を統一の表現に置き換えるなどの事例が挙げられます。
入力する担当者が違ったり、入力元のファイルが違ったりと、同じデータなのに入力方法が異なってしまうとデータの精度が悪くなってしまいます。
実際に置換を行う場合は、現状のデータとあるべき姿の差異を調査し、置換ルールを作成します。

1つのファイルに抽出条件をあてて、データを抽出することです。

電子署名を長期にわたって検証可能にする署名。
電子署名やタイムスタンプには有効期限がありますが、その文書が改ざんされていないこと、ある時点で存在したことを、有効期間を超えて証明する場合の対策として用いられます。
長期署名には主に、CAdES、XAdES、PAdESの3つの標準フォーマットが存在します。

紙文書の分類方法の1つ。個別の書類を整理しやすいようにフォルダにまとめ、これらのフォルダを分類する方法。ワリツケ方式が全社的に行うものであるのに対し、ツミアゲ方式は各部門などで分類します(ボトムアップ方式)。
⇔ワリツケ方式

米国での訴訟の際に、相手側に不利となる証拠もふくめ、あらゆる証拠を開示することを求める制度のこと。紙文書だけでなく電子データ(電子メール含む)も提出を求められる対象となります。厳格に運用されているため、開示義務を怠ることで不利な判断をされたり、ペナルティを課されることもあります。
紙文書だけでなく電子メールを含む電子データも提出を求められる対象となります。電子データについての開示制度をeディスカバリーとよびます。

特定のディレクトリ(フォルダ)やサブディレクトリ(サブフォルダ)の中から、指定した条件に合致するファイルやサブディレクトリを探し出す検索方法です。 検索の種類は、他に「キーワード検索」、「全文検索」、「シソーラス検索」、「概念検索」などがあります。

データクレンジングと同じ。

データの重複や誤記、表記の揺れなど「汚い」データを、一定のルールにもとづいて成形(クレンジング)し、データの品質を高めること。
データのマッチング(照合・突合)やマージ(結合・統合)、データの移行などで必要となる処理です。 一例として「数値型に文字列が混在しているものをエラーとして検出する」、「桁数の足りないデータを前ゼロを付与して整える」、などがよく知られています。JIMは実際にクレンジングを行う場合は、現状のデータとあるべき姿の差異を調査し、クレンジングのルールをご提案します。

インボイス制度において不特定多数の者に対して事業を行う特定の事業者(小売業、飲食店業、タクシー業など)が、適格請求書に代えて「書類の交付を受ける事業者の氏名または名称」を省略して交付できる書類。制度については「インボイス制度」をご覧ください。 <記載事項> ・適格請求書発行事業者の氏名または名称および登録番号 ・取引年月日 ・取引内容(軽減税率の対象品目である旨) ・税率ごとに区分して合計した対価の額(税抜き又は税込み) ・税率ごとに区分した消費税額等または適用税率

A t t e n t i o n

ジェイ・アイ・エムは、
お客さまの
さまざまな業務プロセスを
強力にサポート。

動画で見るJIM JIMにできること

C o n t a c t

文書管理や業務プロセスに関する課題はございませんか。
小さなことでもなんでも構いません。お気軽にお問い合わせください。

サービスに関するお問合せ・ご相談はこちら

03-5212-6001

9:00〜17:30

gotop
お悩み別サービス検索はこちら