文書管理・スキャニングのことならジェイ・アイ・エム

お問合せ・
ご相談はこちら
03-5212-6001
お問合せフォーム
9:00〜17:30

Service

製品・サービス案内

TOP> 製品・サービス案内> マイクロフィルム関連サービス> デジタルドキュメントアーカイブ

デジタルドキュメントアーカイブ


活用はデジタル、保存はマイクロフィルムをおすすめします!

電子(デジタル)データは長期保存に適していません。情報を長期保存するために、電子データをマイクロフィルムに出力します。

デジタルドキュメントアーカイブ
デジタルドキュメントアーカイブ

電子(デジタル)データは長期間・安全に保存できない!

IT化が進展する中、企業や自治体のオフィスには膨大なデジタルデータが蓄積され続けています。
しかしながら電子(デジタル)データは、長期保存には適していません。

電子(デジタル)データが長期間・安全に保存できないその理由は?

  1. コンピュータウイルスの被害
  2. 内部からの情報漏えい
  3. 社内での情報書き換え
  4. オペレーションミスによるデータの消去
  5. 技術革新によるハードウェアやシステムの陳腐化
  6. 通信インフラのトラブル

そこで、長期保存性やシステム独立性の特性をもつマイクロフィルムで保存することをおすすめしています。

電子(デジタル)データをマイクロフィルム化する方法

デジタルドキュメントアーカイブサービスとは、デジタルデータをマイクロフィルム化するサービスです。
デジタルドキュメントアーカイブシステムで、デジタルデータをダイレクトにマイクロフィルムに出力します。

デジタルドキュメントアーカイブまでの流れ

  • 1

    まずはお電話かメールでご連絡ください。

  • 2

    以下事項についてご質問します。

    対象の文書の種類
    数量
    導入予定時期と期間
    マイクロフィルム化の目的や課題
  • 3

    ご提案とお見積りをご提示します。

    ※ご希望により専用機材(マイクロフィルムリーダー)の販売もいたします。

デジタルドキュメントアーカイブの特長

  1. Windows®上で印刷イメージ処理が可能なデジタルデータなら、どのようなファイル形式でもマイクロフィルムに記録できます。
  2. マイクロフィルムへの記録は、プリンタから出力をおこなう感覚で容易にできます。

A t t e n t i o n

ジェイ・アイ・エムは、
お客さまの
さまざまな業務プロセスを
強力にサポート。

JIMにできること

C o n t a c t

文書管理や業務プロセスに関する課題はございませんか。
小さなことでもなんでも構いません。お気軽にお問い合わせください。

サービスに関するお問合せ・ご相談はこちら

03-5212-6001

9:00〜17:30

gotop
お悩み別サービス検索はこちら